事業案内

シーリング工事 sealing
シーリング工事画像 sealing

シーリングの耐久年数は5~10年です

建物には外壁ボード間のつなぎ目や、外壁とサッシの隙間などがあります。シーリング材は、その隙間からの雨水の侵入を防ぎ地震で建物が揺れた時や強い風の風圧を受けた時に、目地(部材間の継ぎ目)の動きに合わせて伸び縮みをし、建物を漏水等から守ります。そしてそのシーリング材が役割を果たすためには、定期的なメンテナンスが大切です。

シーリング材とは

●シーリング材とは?

外壁の目地を埋める・防水下地の処理等を行うシーリング工事に用いられる充填材のことをシーリング材もしくはシール材と呼びます。大別するとウレタン系・シリコン系・変成シリコン系・ポリサルファイド系・アクリル系などがあります。適材適所で使い分けます。

こんな症状がある場合工事のタイミングかもしれません

●こんな症状がある場合工事のタイミングかもしれません

外壁材の繋ぎ目に、隙間やヒビ、剥がれ、痩せがある
サッシの金具と壁の繋ぎ目に、隙間やヒビ、剥がれ、痩せがある
部屋の壁に、雨が染みた跡がある
10年近くメンテナンスをしていない

防水工事 water proof
建物を長持ちさせる工事

建物を長持ちさせる工事

雨や雪が降りやすく、台風も多い日本では住まいの快適さを維持し家の資産価値を保つために建物を水から守ることが大切です。
屋外から建物内雨水が侵入すると、建物の骨格を支える柱や梁が腐食して住宅の耐久性が低くなってしまいます。
また、木材だけでなく断熱材など住宅の機能性を高める素材も腐食してしまいます。適切な防水工事を行うことで住宅の耐用年数を伸ばします。

番号1

ウレタン防水(塗膜防水)

液体状のウレタン樹脂を下地に塗り付け、塗布した主剤と硬化剤を化学反応によって硬化させ、ゴム弾性のある一体性のある防水層を形成させる工法です。液状の材料を使用することで、構造が複雑な箇所であっても施工が可能という利点があります。

番号2

FRP防水(塗膜防水)

FRPは繊維強化プラスチック(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称です。防水用ポリエステル樹脂と防水用ガラスマットで防水層を作ります。強度・耐衝撃性・耐摩耗性・耐水性に優れた特徴を持ち、防水箇所を様々な用途に使用する事ができます。

番号3

シート防水(ゴム、塩ビ)

塩化ビニル樹脂系や合成ゴム系のシート状の材料1枚で形成された防水層で、建物の収縮に追従性する優れた防水材料と言えます。但し、防水材がシートの形状のため、どうしても繋ぎ目に重なる部分が生じることと、複雑な形状の場所に向かないのが難点です。

番号4

アスファルト防水

液状の溶解アスファルトと、防水性の高いアスファルトシートを積層し、下地に接着積層し防水層を形成した後、コンクリートやモルタルを表面に流し込み、厚みのある防水層を作ります。施工品質が安定しており、水密性・耐久性が高いのが特徴です。

外壁補修工事 wall
定期的なメンテナンスが必要です

定期的なメンテナンスが必要です。

住まいの顔とも言える大事な外壁は、外観を美しく見せたり、雨風や太陽光線などから私たちを守ってくれています。
月日が経つと気温の変化などによって劣化が進んでしまいます。
放っておくと下地にまで影響が及び、柱や土台といった構造部分まで劣化させてしまうこともあります。
外壁塗装の工事は、住宅をキレイに見せるだけではなく、家の構造や寿命を長持ちさせる効果もあるのです。